有効求人倍率の上昇気配に関して

景気の回復を表しているのが、有効求人倍率の上昇だと言われています。
1.00倍を超えるのが当たり前になり、正規雇用の割合も増えているようです。
背景にあるのが、少子高齢化だと言われています。
団塊の世代の大量退職によって、人手が足りなくなっています。
生産性が下がる要因にもなっていて、シルバー世代の再雇用でカバーしているようです。
これからの日本を考えると、まだまだ人手が足りなくなるのではないでしょうか。
外国人労働者やAIに頼ることも可能ですが、全てを補える訳ではありません。
給与等の待遇面を改善する必要もありますし、福利厚生の充実も必要不可欠ではないでしょうか。
政府も対策に乗り出していますが、企業と足並みを揃えることが重要ではないでしょうか。
介護や飲食業界においては、離職者対策が急務になっています。
貴重な働き手をどうやって確保するかが鍵になりますが、日本なら乗る切れるのではないでしょうか。
強い日本を目指すべきです。